安心して、暮らせる神戸を考えたい。
神戸市地域自立支援協議会とは
神戸市は、 「ともに住み続けたくなるまちをめざして ~障がいがあってもなくても安心して豊かに暮らせるこうべをみんなでつくろう~」 を基本目標として地域づくりを推進しています。

3 神戸市地域自立支援協議会の設立

  • 現在、神戸市の手帳交付件数は108,673件※です。(平成28年3月末)
    (身体障害者手帳:80,728件、療育手帳13,491件、精神障害者保健手帳14,454件)
  • 障がいのある人は、様々な生活のしづらさや不安に直面しています。例えば、車いすを使う人にとっては、段差や急な坂があると自力では進めませんし、目が見えない人にとっては、点字ブロックや誘導がないと何がどこにあるのか分かりません。耳が聞こえないと情報が届きにくくなります。これらは、障がいのある人だけの課題ではなく、病気や加齢による問題など、誰の身にも起こりうることです。
  • そこで、今、何に困っていてどうすればよいのかを話し合い、障がいのある人はもちろん、全ての市民が、安心して豊かに暮らせる地域の仕組み作りを進めていく場として「神戸市地域自立支援協議会」を設立しました。
Copyright (c) 2013-2017 神戸市障害者地域生活支援センター連絡協議会 All Right Reserved.
〒652-0897 神戸市兵庫区駅南通5-1-1 神戸市立中部在宅障害者福祉センター2階
TEL:078-686-1731 FAX:078-686-1732